FinTechの今後の市場

フィリピン国内は、スマートフォン保有率が108%と、1人が1台以上持っているのです。

フィリピン国内で銀行口座を持っている人が30%に比べて、スマートフォンがいかに普及しているかがわかります。

様々な市場規模を比較してみましょう。

貿易市場は、およそ3,315兆円。

クレジットカード市場は、およそ2,500兆円です。

株式市場は、約7,000兆円。

通貨総量は、約8,100兆円です。

これらに比べて、暗号通貨は2016年12月たったの1兆円です。

そして2018年2月では56兆円と、たったの1年2カ月間で56倍もの規模に拡大しています。

そしてその市場規模の拡大は更に加速しています。

これらの市場は全て、暗号通貨に置き換わるほどの勢いです。

20世紀以降で、世界に変革をもたらす3つの革命が起こったとされています。

第1の革命は、パーソナルコンピューターが開発されたことです。

マイクロソフトの創始者であるビル・ゲイツの資産総額は、8兆4,750億円です。

第2の革命は、インターネットの誕生です。

Googleの創業者であるラリー・ペイジの総資産額は、3兆9,776億円です。

そして、第3の革命が訪れようとしています。

暗号通貨・フィンテック長者が誕生するでしょう。

推定市場額は、なんと6,000兆円以上です。

この桁違いの市場を獲得した人は、暗号通貨長者として、歴史に名を刻むことでしょう。

あなたも、ぜひその1人になってみたいとは思いませんか?