NOAHCOIN(ノアコイン)とは

このプロジェクトの根幹となる、NOAHCOINをご説明いたします。

フィリピン経済の発展や、フィリピン国内に存在する様々な社会問題を解決するために、政財界の有志が集まって設立した、NOAH FOUNDATIONがプロジェクトの運営を行います。

ノアプロジェクトの特徴は、システム開発、広告・プロモーション、インフラ整備といった、通貨の普及と価値上昇に繋がることのみに、資本を投下する点です。

また、4期までのプレセール期間で、22%の価格を引き上げます。

販売エリアも、フィリピン、日本、アジア、そして世界へ徐々に拡大していきます。

ビットコインと比較すると、ビットコインは配当なしに対し、NOAHCOINは保有率に応じた配当が、初年度の20%発生します。

ビットコインの承認方式はPOWで、NOAHCOINはPOSです。

ビットコインの上限枚数は2,100万枚で、NOAHCOINは2,160億枚です。

ビットコインには、代表的な3つの問題があります。

1つ目は、決済スピードの問題です。

決済完了までに、平均10分程度かかります。

2つ目は、プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しないことです。

周辺サービスや、広告を主体的に行う運営元が存在しないため、一般のユーザーには全く普及していません。

そして3つ目の問題点は、非常に多くの電力を消費して、環境破壊に繋がっているということです。

年間およそ、1,000億円分の電気を無駄に消費しているのです。

ビットコインのこれらの問題点を全て解決したものが、NOAHCOINです。

NOAHCOINは、決済スピードを極限まで抑えることで、ストレスなくお買い物が出来ます。

保有率に応じて、保有者へ初年度20%の配当を行います。

100% POSにより、無駄なマイニングは一切しないため、無駄な電力は一切消費しません。

つまりNOAHCOINは、ビットコインの欠点を全て克服した、次世代型の暗号通貨なのです。

NOAHウォレットは、ビットコイン、イーサリアムなどの主要通貨に対応しています。

また、定期課金への対応や、ウェアラブルウォレットも開発することで、より便利な決済が可能です。


そして、NOAHCOINは、独自APIを公開予定です。

ほかの暗号通貨だけでなく、法定通貨や、ネットバンキングとの連携をとる、サードパーティアプリケーションを作成するためのAPIの公開を予定しており、Developer用の専用アカウントも準備中です。

次に、広告およびプロモーションについてです。

フィリピン最大級のメディアにて、テレビ、ラジオにおけるCMを随時放映予定です。

GoogleAdWordsや、Facebook広告などの、インターネット広告によるマーケティングも、世界中で展開します。

フィリピン最大の都市である、マカティからNOAHCITYまでの、25マイル全ての街頭広告を掲載予定。

また、フィリピアンエアラインズの全面協力にて、機内広告で、ノアプロジェクトのプロモーションビデオを上映予定です。

NOAHCOIN専用のプリペイドカードを配布します。

VISA、Masterが使える場所で決済が可能となります。

フィリピン・日本だけでなく、世界中で使用できます。

そして、世界中の取引所へ導入を予定しています。

NOAHCOINは、世界各国の取引所で取引可能で、24時間365日スマートフォンから現金化ができます。