急速に発展するフィリピン

このプロジェクトの対象は、今急激に発展を続けているフィリピンです。

なぜフィリピンなのでしょう。

フィリピンは、日本から南に位置する、東南アジアの国です。

フィリピンという国を想像すると、治安が悪い、貧困や不衛生、インフラが不整備であると思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

しかし現在は、治安は良くなってきており、高層ビル、ホテルの建設、大型のショッピングモールができるなど、世界有数の都市へと変貌を遂げています。

フィリピンと日本とを比較してみましょう。

人口は日本とほぼ同じですが、日本人の平均年齢がおよそ45歳に対し、驚くべきことに、フィリピンは平均23歳です。

また、フィリピンはアジアで唯一、英語圏の国として知られています。

そのため、コールセンターをはじめとする、世界中の英語圏からの仕事が集まっています。

フィリピンの成長は仕事だけではありません。

フィリピン人の人口は、40年間で3倍に増加しました。

人口密度も、東京の3倍となっています。

このような人口増加が、フィリピンの圧倒的な経済成長を支えているのです。

さらに、フィリピン最大の輸出産業は、OFWです。

OFWとは、Overseas Filipino Workersの頭文字で、海外に出稼ぎに出ているフィリピン人のことです。

OFWは、約1,000万人にも及び、稼いだお金をフィリピンに送金しており、その額は年間で3兆円に上ります。

しかしこの送金には、大きな手数料が必要で、なんと年間3,500億円にもなるのです。

OFWの年間送金額は、年々増加しています。

OFWの手数料は、フィリピンの大きな社会問題となっています。

フィリピン人が稼いだお金は、フィリピンに還元する。

その思いから、このプロジェクトが立ち上がりました。