暗号通貨(仮想通貨)やNOAHCOIN(ノアコイン)のご説明をする前に、お金の歴史についてのご説明をいたします。

 

世界最初のお金は、貝から始まり、何度も形を変えてきました。

 

これまでの通貨は、物や金など、何か交換することができていましたが、1971年のニクソンショック以降、何も交換できない時代になりました。

つまり、通貨の裏付けがなくなり、大量に発行すると価値が無くなることになりました。

 

世界でも大きな動きがありました。

不換紙幣自体には価値がありません。

そのため、多くの紙幣の価値が無くなってしまったのです。

 

例えば、ロシアのルーブルが200分の1になったり、100兆ジンバブエドルが発行されたりしました。

 

その他、トルコやアルゼンチンなどでも、同様のことが起きました。

ここまでお金の歴史を見てきました。

 

貝に始まり、金貨、紙幣、クレジットカードなど、様々な変化をしてきたお金。

今、新しい動きが急激に起こっています。

それが、今急速に世界中に広がってきている暗号通貨(仮想通貨)です。